Microsoft、サポートされるすべてのWindowsバージョンでFlash削除へ

2021年5月7日 08:52

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 MicrosoftはサポートされるすべてのWindowsバージョンに同梱された(Internet Explorer/レガシーEdge用の)Flash Playerを7月に削除する計画のようだ(Microsoft Edge Blogの記事Windows Centralの記事The Vergeの記事BleepingComputerの記事)。

MicrosoftはFlash Playerを削除する更新プログラム(KB4577586)をMicrosoft Update Catalogで昨年10月に提供開始し、2月には自動更新での提供を開始している。これまでKB4577586は単体の更新プログラムとして配布されていたが、今後は累積更新プログラムに組み込まれることになる。

まず、6月にはWindows 10 バージョン1809以降のプレビュー版累積更新プログラムにKB4577586が組み込まれ、以降の累積更新プログラムに含められる。7月にはWindows 10 バージョン1507/1607の累積更新プログラムやWindows 8.1/Server 2012/Embedded 8 Standardのマンスリーロールアップ/セキュリティのみの更新プログラムにもKB4577586が含められるとのことだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | インターネットエクスプローラ | ソフトウェア | アップグレード | セキュリティ | スラッシュバック | インターネット | Windows

 関連ストーリー:
iOSがFlashをサポートしなかったのはAdobeとAppleが力を合わせても残念な性能だったから 2021年04月29日
4月の月例更新プログラム、Windows 10からレガシー版Microsoft Edgeを削除 2021年04月17日
Windows 10の月例パッチに問題、特定のプリンター使用時にブルースクリーンが発生 2021年03月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Windows 8Windows 8.1Microsoft EdgeFlashInternet Explorer

関連記事