欧州為替:リスク回避的な円買いは一段落か

2021年5月4日 20:10

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*20:10JST 欧州為替:リスク回避的な円買いは一段落か
4日の欧州外為市場で、ドル・円は109円32銭から109円48銭で推移。原油先物の上昇、米長期金利の下げ渋りを意識して、リスク回避的な円買いは一段落。ただし、新たな円売り材料が提供されない場合、ドル買い・円売りが大きく広がる可能性は低いとみられる。

ユーロ・ドルは1.2022ドルから一時1.1999ドルまで下げたが、ユーロ・円は131円30銭から131円51銭まで戻している。


ポンド・ドルは1.3865ドルから1.3891ドルまで反発。ドル・スイスフランは0.9137フランから0.9161フランで推移。《FA》

関連記事

広告

広告