マザーズ先物概況:小幅続伸、75日線の重さが意識される展開

2021年4月27日 15:55

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:55JST マザーズ先物概況:小幅続伸、75日線の重さが意識される展開
27日のマザーズ先物は前日比1.0pt高の1206.0ptとなった。なお、高値は1219.0pt、安値は1197.0pt、取引高は2057枚。本日のマザーズ先物は、米ナスダックやナイトセッションが上昇した流れを引き継ぎ続伸でスタートした。現物株の寄り付き後は、時価総額上位の銘柄が軒並み高となりマザーズ先物は上げ幅を拡大し、一時は14.0pt高まで上昇する場面があった。しかし、時価総額上位のBASE<4477>やHENNGE<4475>がマイナスに転じたことが相場の重しとなり、マザーズ先物は上げ幅を縮小し、小幅続伸で取引を終了した。日足チャートでは25日線を挟んだ値動きでの推移となり、75日線の重さが意識される展開となった。《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 日産アリア limited(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • (c) 2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
 

広告

ピックアップ 注目ニュース