ファンペップ 一時ストップ高、抗体誘導ペプチド「FPP003」の物質特許が米国で成立/新興市場スナップショット

2021年4月21日 13:43

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:43JST <4881> ファンペップ 510 +41
一時ストップ高。開発中の抗体誘導ペプチド「FPP003」の物質特許が米国で成立したと午前の取引終了後に発表している。抗体誘導ペプチドは、患者の体内で抗体産生を誘導することによって治療効果を期待するペプチドワクチンとされる。FPP003 は、大日本住友製薬株式会社との共同研究により創製した開発化合物で、同社との間で北米での全疾患を対象とする独占的開発及び商業化権に関するオプション契約を締結している。同特許は、対象疾患にかかわらず物質そのものを広く保護する特許で、日本と欧州にも出願中としている。《TY》

関連記事

広告