欧州為替:ドル・円は弱含み、米長期金利の低下で

2021年4月15日 18:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:11JST 欧州為替:ドル・円は弱含み、米長期金利の低下で

欧州市場でドル・円は弱含み、108円70銭まで弱含んだ。米10年債利回りの低下でドル売りに振れ、欧州やオセアニアの主要通貨は対ドルで小幅に値を上げた。ただ、ユーロ・ドルは1.20ドルを目指す展開だが、1.19ドル台後半の売りで上値が重く、ドル・円をサポートする。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円70銭から108円90銭、ユーロ・円は130円24銭から130円43銭、ユーロ・ドルは1.1973ドルから1.1986ドル。《TY》

関連記事

広告

財経アクセスランキング