長崎でワクチン接種後に60代女性が死亡 脳出血、因果関係評価へ

2021年4月15日 17:48

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 長崎県は14日、新型コロナワクチンを接種していた女性が死亡したと発表した。年齢は60代、死因は脳出血とのこと。県の発表によると、女性がワクチンの接種を受けたのは3月中旬、亡くなったのは3月下旬。日本の医療従事者がワクチン接種後に亡くなられたのは2人目になると思われます。
まあ医療従事者ってことは過労死の可能性が高いのだろうけど、副作用の可能性も無視できないレベルで高いのであろうというのが悩ましいところだな・・・。

関連項目:ワクチン接種3日後に死亡した事例が発生。ワクチンとの因果関係は評価不能

  情報元へのリンク

死亡した女性は医療従事者で、ワクチンの優先接種を受けていたという。接種のあと10日して亡くなったとしている。接種の直後には副反応を疑う症状は見られなかったという。今後は国の「副反応検討部会」で専門家らによる検討が行われるとしている。現時点での因果関係は「評価不能」となっている(日テレNEWS24読売新聞)。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
米疾病対策センターと米食品医薬品局、J&Jワクチンの接種一時停止を求める共同声明を出す 2021年04月14日
アストラ製ワクチンと血栓発生は「非常にまれな」副反応と認定へ。欧州医薬品庁 2021年04月08日
米CDC曰く、COVID-19ワクチン接種済みの人は米国内を安全に旅行できる 2021年04月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード長崎県

関連記事