東京為替:ドル・円は伸び悩み、円売り縮小で

2021年4月13日 17:10

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:10JST 東京為替:ドル・円は伸び悩み、円売り縮小で

13日の東京外為市場でドル・円は伸び悩み。朝方に109円36銭を付けた後、上海総合指数の強含みでリスク選好の円売りに振れた。また、米10年債利回りの上昇でドルは買い優勢となり、一時109円75銭まで上昇。ただ、材料難で夕方にかけてドルは失速した。

・ユーロ・円は130円26銭から130円50銭まで上昇した。
・ユーロ・ドルは1.1916ドルから1.1883ドルまで値を下げた。

・17時時点:ドル・円109円30-40銭、ユーロ・円130円00-10銭
・日経平均株価:始値29,605.69円、高値29,897.11円、安値29,573.79円、終値29,751.61円(前日比212.88円高)

【経済指標】
・日・3月マネーストックM3:前年比+8.0%(予想:+8.1%、2月:+8.0%)
・中・3月輸出:前年比+30.6%(予想:+38.0%、2月:+18.1%)
・中・3月輸入:前年比+38.1%(予想:+24.4%、2月:+6.5%)
・英・2月鉱工業生産:前月比+1.0%(予想:+0.5%、1月:-1.8%←-1.5%)
・英・2月貿易収支:-164.42億ポンド(予想:-105.00億ポンド、1月:-125.92億ポンド←-98.26億ポンド)

【要人発言】
・中国税関
「中国の貿易は回復、成長している」
・黒田日銀総裁
「長期金利の変動幅を拡大したわけではない」
「ETF手数料、日銀だけ引き下げるのは現実的ではない」《TY》

関連記事