加賀電子は国内営業拠点を対象に新型コロナウイルス対策を徹底強化

2021年4月9日 21:54

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■オフィス内の抗ウイルス・抗菌施工の実施ならびに除菌・脱臭機を設置

 加賀電子<8154>(東1)は、新型コロナウイルスの収束見通しが不透明な中、同社グループの従業員と同社事業所へ来社する顧客の安心・安全を高める感染抑制対策として、本社をはじめ大阪、名古屋の基幹拠点にて抗ウイルス・抗菌施工を実施するとともに、国内12カ所に展開する全営業拠点には除菌・脱臭機を3月末に設置した。

■抗ウイルス・抗菌施工は「キノシールド」を採用

 同社営業拠点での抗ウイルス・抗菌施工は、株式会社木下グループの株式会社木下抗菌サービスが独自開発した「キノシールド」を採用した。キノシールドは、光触媒技術を応用した抗菌剤で、人体には無害の酸化チタン(TiO2)、銀イオン(Ag+)ならびにプラチナ(Pt)を組み合わせることでそれぞれの持つ効果を相乗的に発揮させる、画期的な「抗ウイルス・抗菌・防臭剤」。ウイルスや細菌を分解・無害化して接触感染リスクを抑制するとともに、消臭効果によって不快な臭いも軽減する。

 このキノシールドの溶液を専用スプレーガンで噴霧することにより抗菌剤の粒子を天井の高さまでムラなく充満させ、床・壁をはじめ、ドアノブから電話機・PC・キーボードなど、人が触れる全てのモノに細かな粒子が隅々まで浸透し、室内全体をまるごとコーティングする。

■除菌・脱臭機は「TURNED K(ターンド・ケイ)」を採用

 居室内に設置した除菌・脱臭機は、カルテック株式会社が開発した「TURNED K(ターンド・ケイ)」を採用した。この除菌・脱臭機は、同社独自の光触媒技術により、交換不要なフィルターを用いて浮遊ウイルスや悪臭成分を除去する世界トップクラスの除菌・脱臭性能を有している。今般、同社では理化学研究所の協力のもと、日本大学医学部と共同で、同社の光触媒技術を搭載した機器を使用して、その機能性を評価したところ、新型コロナウイルスを99.9%分解するという試験結果が得られるなど、新型コロナウイルスに対する有効性が実証されている。

 同社とは、加賀電子のグループ会社である株式会社エクセルが同社にスタートアップ資金を出資している関係を発展させ、昨年10月より加賀電子グループが同社製除菌・脱臭機の販売代理店として営業活動を展開している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】「トリプル・ブルー」となった割安株、個人投資家の参戦余地は?(2021/02/01)
【編集長の視点】京阪神ビルは高値期日一巡を先取り業績上方修正・増配を買い直して反発(2021/03/16)
【小倉正男の経済コラム】米国はコロナ禍で起業ラッシュ、日本は?(2021/02/08)
朝日ラバーは調整一巡、22年3月期収益回復期待(2021/03/30)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース