川崎汽船 反発、持分法会社の業績好調で経常益は再度の上方修正

2021年4月1日 11:12

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:12JST 川崎汽船---反発、持分法会社の業績好調で経常益は再度の上方修正
川崎汽船<9107>は反発。前日に業績予想修正を発表している。営業損益は据え置いているものの、経常利益は従来予想の500億円から750億円に上方修正、持分法適用会社ONEの運営するコンテナ船事業が大幅に上振れる見込みのようだ。コンテナ船事業に対する期待は高まってきていたが、第3四半期決算時の大幅上方修正(0→500億円)に続く上振れとなっており、主力株堅調な地合いのなか、ポジティブな反応が先行している。《YN》

関連記事

広告

財経アクセスランキング