Microsoft、ゲーマー向けボイスチャット「Discord」買収を検討

2021年3月25日 08:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftがゲーマー向けボイスチャットサービス「Discord」に関して買収の意欲を見せているという。報道によれば、MicrosoftがDiscordに対して提示している買収額は100億ドル(約1兆856億円)を超えるとされる。Discordは低遅延のボイスチャットサービスとして知られ、コロナ禍以降は国内外での利用者が増加していたとされる(ファミ通.comEngadgetITmediaIGN Japan)。

Engadgetの記事によれば、2020年にはユーザー数が倍増し、売り上げは1億3000万ドルにまで急成長しているとのこと。Discordの買収に関してはFacebookも手を上げているものの、同社は米連邦取引委員会に独占禁止法違反で提訴されている立場にあり、実際には手が出しにくい立場であるという。このため現時点ではMicrosoftが買収の最有力候補である模様。一方でDiscordは成長を続けていることから、自身の売却よりも株式公開を目指すとする見方も出ているようだ。

jizou 曰く、 国内外のゲーマーに人気のチャットアプリ“Discord”が、1兆円超の規模で売却を検討中と報じられる
https://www.famitsu.com/news/202103/23216397.html

 Microsoft は、いくつチャットツールを持つつもりだろう。
ゲーム専用にするつもりかな。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | マイクロソフト | 日記 | お金

 関連ストーリー:
デジタルプラットフォーム取引透明化法が1日から施行。取引条件の開示などが義務化 2021年02月01日
20年前にあったMicrosoftが任天堂を買収しようとしていた噂か事実だったことが判明 2021年01月13日
Microsoft、独自Armプロセッサ開発と報じられる。将来性を懸念してx86-64株が下落 2020年12月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookMicrosoft買収独占禁止法

関連記事