綿半HDは組立家具「Shelfit」の大洋を子会社化

2021年3月23日 17:24

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

綿半ホールディングス<3199>(東1)は23日、子会社の綿半パートナーズを通じて、大洋株式会社(静岡県島田市)の全株式を取得し、連結子会社化したと発表した。

綿半ホールディングス<3199>(東1)は23日、子会社の綿半パートナーズを通じて、大洋株式会社(静岡県島田市)の全株式を取得し、連結子会社化したと発表した。[写真拡大]

写真の拡大

■取扱商品の拡充、インターネット通販のノウハウを共有

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は23日、子会社の綿半パートナーズを通じて、大洋株式会社(静岡県島田市)の全株式を取得し、連結子会社化したと発表した。

 大洋は、1926年に製材業として創業。現在では、収納棚をはじめとする組立家具の製造、卸売、インタ ーネット通販事業を行う家具メーカーである。 大洋のブランド「Shelfit」は、幅1cm単位からオーダーできる収納ラックやデスク等を展開しており、全国の家具量販店で販売されている。また、インターネット通販サイト「オーダー収納スタイル」を通じて組立家具を販売。法人向けにはオフィス収納棚・店舗什器等のオーダーも行い、家具は自社工場で製造している。

〇オーダー本棚/収納棚の販売事業  組立家具のブランド「Shelfit」: 「暮らしにぴったりフィットする」をコンセプトに、リビング、キッチン、子ども部屋、オフィス等のシーンに合わせて、様々なオーダーラックやデスクを展開している。 HP:https://www.shelfit.jp

 オンラインショップ「オーダー収納スタイル」:壁面や隙間スペースなど、住まいの間取りに合わせて、幅・高さ・奥行が指定できるオーダーラックを購入しやすい価格で販売している。収納物に合わせて高さを調節できる棚板など、自由度の高さが好評。 HP:https://order.shunostyle.jp

〇法人向けのオリジナル商品製造事業  組立家具の提案・設計から製造・配送まで一貫した生産体制にある。家具量販店、インテリア雑貨店、住宅建材メーカー等から、オリジナル家具の製造依頼を多数受注している。

 今後は、両社の経営資源や強みを相互活用し、取扱商品の拡充、インターネット通販のノウハウの共有を図り、綿半グループの更なる企業価値向上を目指す。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ロードスターは年初来高値に肉薄、海外不動産ファンド進出報道でバリュー株買いが再燃(2020/10/14)
【編集長の視点】AMBITIONは増益転換業績の確認を1Q決算開示時に期待して続伸(2020/10/21)
【注目銘柄】トーメンデバイスは決算発表を先取りし割安ハイテク株買いが再燃し急反発(2020/10/07)
【編集長の視点】綿半HDは分割落ち後安値も2Q決算発表を先取り巣ごもり関連株買いの好機(2020/10/13)
【注目銘柄】日電子材料は2Q決算発表を前に割安ハイテク株買いが再燃し反発(2020/10/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告