国際 RSS

 

英陸軍、2030年までに3万体のロボット兵導入へ 兵力全体の4分の1占める

2021年3月20日 08:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

nagazou 曰く、 英国防参謀長のニック・カーター陸軍大将はスカイニュースとのインタビューで、2030年までに3万体近くのロボット兵士を導入する可能性があると話しているという。実現すれば英陸軍兵力12万人分のうち4分の1をロボット兵士が受け持つことになる。運用で想定されているのは紛争時の最前線での物資補給などの用途。政策転換が必要となった背景には、ここ数年間は新兵を募集しても十分に集まらず、現在でも陸軍の兵力は約8000人ほど不足しているためだそうだ(Forbes)。

 スラドのコメントを読む | 軍事 | 英国 | ロボット

 関連ストーリー:
自律型ロボット兵器が戦場で適切な判断を下すのは難しい 2018年01月18日
国連、殺人ロボット兵器の禁止に向けた公式な取り組みを進めることを決定 2016年12月18日
VRによるATシミュレータ「装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」、お台場にて稼動 2016年07月08日
国連、殺人ロボット兵器に関する専門家会合を開催 2014年05月14日
殺人ロボット凍結、国連で討議へ 2013年05月28日
ラピュタのロボット兵のサビを再現した痛車 2011年05月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボットイギリス

関連記事

広告