sacai 2021年プレフォールウィメンズコレクション、“ハイブリッド”が生み出す対比と均衡

2021年3月8日 18:37

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 sacai(サカイ)は、2021年プレフォールウィメンズコレクションを発表した。

■アーティストKAWSとコラボ

 “カウンターカルチャー”のコードに着目した2021-22年秋冬メンズコレクションと連動し、ウィメンズにおいてもアーティスト・KAWSとのコラボレーションアイテムを展開。KAWSのアートワークの色彩を忠実に落とし込んだ、ダウンジャケットやファージャケット、ニット、スカートなどが登場する。

 バックスタイルをプレイフルなKAWSモチーフで切り替えたドレスや、流れるようなアシンメトリーシルエットのスカートは、プリーツ地にアートワークのマルチカラーをのせることで、より躍動感あふれる仕上がりに。また、KAWSのアートワークをカーキベースの色彩でアレンジし、ミリタリーテイストのカモフラージュに仕上げたキルティングジャケットやスカートなども登場する。

■“ハイブリッド”によるコントラストと一体感

 今季は、sacaiの得意とする“ハイブリッド”によって組み合わせた要素の「コントラスト」を強調させながらも、簡略化されたフォルムによって「一体感」を生み出し、より着やすいウェアに仕上げているのが印象的だ。

 例えば、厚みのあるツイードと、薄く透明感のあるシフォン素材を組み合わせたブルゾンやコート、ドレスなどがその好例。しっかりとした質感のツイードが立体的なシルエットを形作る一方で、しなやかに揺れ動くシフォンがエレガントな曲線を描く。対照的な素材だからこそ生まれる均衡によって、必然的なフォルムへと導かれているのが見て取れる。

 その他にも、凹凸のあるニット地とスムースな素材を組み合わせたワンピースや、まるで重ね着しているかのようにニット地を組み合わせたシャツワンピースなどが登場。裏表を逆転させたような仕立てのピーコートには、本来内側にレイヤードするはずのニットを上から重ねるようにしてドッキング。マットなウールジャケットには、光沢感のあるボリューミーなダウンを敢えてライナーのようにあしらい、連続性のあるシルエットに仕上げている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションsacai(サカイ)

関連記事

広告