メディアS 一時ストップ高、21年7月期上半期は大幅営業増益、法人事業など寄与/新興市場スナップショット

2021年3月8日 13:25

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:25JST <4824> メディアS 699 +90
一時ストップ高。21年7月期上半期(20年8月-21年1月)の営業利益を1.63億円(前年同期実績0.12億円)と午前の取引終了後に発表している。法人事業で国内クライアントに対するシステムコンサルティングサービス実施が寄与したほか、コンシューマー事業でスマートフォン向け広告収入や恋愛シミュレーションゲームなど各種情報サービスが伸び、大幅な増益となった。なお、通期予想は非開示。《YN》

関連記事

広告