小祝さくらが逆転優勝 女子ゴルフ・ダイキンオーキッドレディス

2021年3月7日 16:33

小

中

大

印刷

 沖縄県・琉球GCで行われていたゴルフの国内女子ツアー・ダイキンオーキッドレディスは7日、最終日を迎え、黄金世代の小祝さくらが、逆転で優勝しツアー通算3勝目を果たした。

 この日は前半を終え、森田遥、西郷真央、田辺ひかりがトータル12アンダーで首位に並ぶ混戦となる。首位と2打差でスタートした小祝は、3日目後半に5アンダーで猛チャージをかけた勢いをこの日も継続。4番でバーディを奪うと11番13番14番とバーディラッシュをかけ、最終ホールまでこの4人で優勝を争う。

 小祝は、最終ホールでもバーディを奪い、5バーディ1ボギー、トータル14アンダーでフィニッシュ、逆転優勝を決めた。

 森田遥は、5バーディ4ボギー、トータル13アンダーの2位でフィニッシュ。田辺ひかりは、4バーディ2ボギー、トータル12アンダーの3位でフィニッシュした。西郷真央は、17番18番と連続ボギーを叩き、1バーディ2ボギー、トータル11アンダーの4位タイでフィニッシュしている。4位タイには、この日を4バーディでフィニッシュした上田桃子が入った。

 渋野日向子は、2日目の5アンダーで巻き返しが期待されたものの、この日を12位タイでスタート、3バーディ4ボギー、トータル5アンダーの13位タイに終わった。

関連キーワードゴルフ(スポーツ)上田桃子森田遥渋野日向子小祝さくら

関連記事

広告

財経アクセスランキング