「Symbol(XYM)」ローンチ、保有量の国内取引所トップZaifがXEMサービス一時停止を発表(訂正)

2021年3月6日 06:03

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*06:03JST 「Symbol(XYM)」ローンチ、保有量の国内取引所トップZaifがXEMサービス一時停止を発表(訂正)
下記のとおり修正します。
(誤)
(正)

NEMの新たなブロックチェーン「Symbol(XYM)」のローンチが、2021年3月15日(月)に見込まれている。同年3月12日(金)、9時50分頃(ブロック高:#3,105,500)、XEM保有者の保有量を確定するスナップショットが実施されることを、NEM Group ltdが2月末に発表している。これを受けて、3月5日(金)、Zaif Exchangeは、XEMの入出金を3月8日より停止するとのことだ。

一方、Zaif Exchangeでは、犯罪収益移転防止法の観点から、出金を保留とし、本人確認を行うこともあるとしている。その際は、通常に比べて2‐3日程度、出金処理の時間が長くかかる可能性もあるとのことで、注意が必要となる。

暗号資産交換所は各社対応を進めているが、今回取材に応じたZaif ExchangeはXEMの保有量が国内取引所の中では一位である(3月5日16時時点、https://nemnodes.org/richlist/)。今後の「Symbol(XYM)」ローンチに伴う対応については注目していきたい。《KY》

関連記事

広告