大阪金概況:下落、米長期金利の上昇を反映

2021年3月5日 16:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:05JST 大阪金概況:下落、米長期金利の上昇を反映
大阪取引所金標準先物 22年2月限・日中取引終値:5903円(前日日中取引終値↓15円)

・推移レンジ:高値5903円-安値5852円

5日の大阪取引所金標準先物(期先:22年2月限)は下落した。昨日のパウエルFRB議長の発言を受け、海外市場で米長期金利が上昇し、金利のつかない資産である金の魅力低下が意識され、ナイトセッションで金先物は下落した。今日の金先物はこの流れを引き継ぎ、売りが先行。その後も米長期金利が高水準で推移し、加えて、ドルの総合的な価値を示すドルインデックスが底堅い動きで、ドルの代替投資先とされる金には資金が向かいにくく、今日の金先物はこうした動きを映し、終日、マイナス圏での推移となった。《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース