ツインバードが米モデルナ製新型コロナワクチン用超低温保冷庫の追加受注などで業績予想を増額修正

2021年2月27日 15:40

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■厚労省向け、米社向けなどで累計受注総額26億円、今期計上は12億円に

ツインバード工業<6897>(東2)は2月26日の15時、今2月期の連結業績予想の増額修正を発表し、営業利益は従来予想を最大95%上回る6.23億円(従来予想は3.2億円から4.3億円)に見直した。

 発表によると、米モデルナ社の新型コロナウイルス感染症ワクチン用ディープフリーザー「SC-DF25WL」の受注台数が、この1月に適時開済みの武田薬品工業<5402>(東1)向けに加え、厚生労働省向け5千台の追加受注により累計1万台に達した。

 また、米国の取引先Global Cooling, Inc.(米オハイオ州)からもフリーザーボックス(極低温保冷用容器、部品供給)約6500台の追加受注を受けた。

 これら上記2件の追加受注により、新型コロナワクチンに関連する超低温保冷庫の受注総額は、2021年1月8日開示情報からの受注累計を含め、約26億円(うち、2021年2月期業績予想に含まれる売上高は約12億円)になるとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】第2、第3のテレワーク関連株に注目、仮想デスクトップ・テレビ会議関連など(2020/02/03)
【株式評論家の視点】昭栄薬品はオレオケミカルの専門商社、自社株買い実施に光通信が保有(2020/01/09)
【株式評論家の視点】北の達人コーポは「刺す化粧品-ディープパッチシリーズ」が大ヒット、700円割れが下値として意識(2020/01/16)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【株式評論家の視点】プレナスは通期業績予想を据え置き、配当利回り3%(2020/01/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング