日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は急反落、ファーストリテとソフトバンクGの2銘柄で約265円分押し下げ

2021年2月26日 16:45

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:45JST 日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は急反落、ファーストリテとソフトバンクGの2銘柄で約265円分押し下げ
26日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり3銘柄、値下がり222銘柄、変わらず0銘柄となった。

日経平均は急反落。25日の米国市場でNYダウは大幅反落し、559ドル安となった。7年債入札結果の不振などから長期金利が一時1.61%まで急上昇し、幅広い銘柄に売りが出た。ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は3.5%の下落となり、「恐怖指数」とされる米株の変動性指数(VIX)は急上昇。本日の日経平均もこうした流れを引き継ぎ、リスク回避目的の売りが先行して414円安からスタートした。その後押し目買いが入り下げ渋る場面もあったが、後場に入ると再び下げ幅を広げ、この日の安値で取引を終えた。

大引けの日経平均は前日比1202.26円安の28966.01円となった。終値で29000円を下回るのは今月5日以来で、下げ幅は2016年6月24日以来の大きさ。東証1部の売買高は16億8876万株、売買代金は3兆6212億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、その他製品、電気機器、パルプ・紙、不動産業、ガラス・土石製品が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の8%、対して値下がり銘柄は90%となった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約164円押し下げた。同2位はソフトバンクG<9984>となり、東京エレクトロン<8035>、ファナック<6954>、アドバンテスト<6857>、ダイキン工業<6367>、TDK<6762>、信越化<4063>などがつづいた。

一方、値上がり寄与トップは花王<4452>となり1銘柄で日経平均を約0.25円押し上げた。同2位は出光興産<5019>となり、ソフトバンク<9434>がつづいたが、上昇したのはこれら3銘柄のみだった。


*15:00現在


日経平均株価  28966.01(-1202.26)

値上がり銘柄数  3(寄与度+0.43)
値下がり銘柄数 222(寄与度-1202.69)
変わらず銘柄数  0

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<4452> 花王 7144 7 +0.25
<5019> 出光興産 2784 9 +0.13
<9434> ソフトバンク 1441 1.5 +0.05

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 105000 -4550 -163.85
<9984> ソフトバンクG 9895 -470 -101.55
<8035> 東エレク 43550 -2150 -77.42
<6954> ファナック 26340 -1445 -52.04
<6857> アドバンテ 8750 -710 -51.14
<6367> ダイキン 20720 -1010 -36.37
<6762> TDK 15240 -810 -29.17
<4063> 信越化 17350 -775 -27.91
<6098> リクルートHD 5281 -234 -25.28
<4519> 中外薬 4763 -231 -24.96
<4543> テルモ 3951 -164 -23.62
<6971> 京セラ 6858 -291 -20.96
<9433> KDDI 3290 -93 -20.09
<4568> 第一三共 3010 -169 -18.26
<4503> アステラス薬 1674 -98.5 -17.74
<4021> 日産化学 5790 -490 -17.65
<6645> オムロン 8580 -460 -16.57
<6758> ソニー 11120 -450 -16.21
<7832> バンナムHD 8147 -390 -14.04
<9766> コナミHD 6830 -390 -14.04《FA》

関連記事

広告