シャリーフ 2021年春夏コレクション - ホームウェアの再解釈、“オン”と“オフ”の掛け合わせ

2021年2月24日 16:55

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 シャリーフ(SHAREEF)は2021年春夏コレクションを発表した。

■リラックスしたムード、再解釈するホームウェア

 今季のシャリーフはリラックスしたムードが主体。ホームウェアを再解釈したようなシャツや淡いパステルカラーで彩ったオーバーサイズのスウェットなどが登場し、どこか柔らかさのある雰囲気がコレクション全体に流れる。

中でも、パジャマ風セットアップはそのムードを象徴する代表的なアイテムの一つ。ルックの中ではこのパジャマ風セットアップを用いたスタイリングを複数提案している。

 例えば、ジャケットやスラックスといった”オン”のイメージを持つピースとの合わせ。パジャマ風セットアップがゆったりとしたシルエットであるのに対し、合わせるジャケットやスラックスはストレートなラインで構築。緩急のあるアイテム同士の組み合わせは新鮮で、アンニュイさとスマートさが共存したこれまでにないムードのスタイリングが完成されている。

 “オン”と“オフ”の掛け合わせだけでなく、“オフ”と“オフ”同士の組み合わせも。花をモチーフにしたようなグラフィックが印象的なたっぷりとしたフォルムのスウェットは、パジャマパンツと合わせることで一層コンフォータブルなイメージに。両アイテムの裾に施されたステッチデザインもアクセントに効いている。

■水彩画のような鮮やかさ

 そんなリラックスしたムードが主役である一方、コレクションの中ではこれまで以上に“鮮やかさ”を伴った洋服も。これまで1つのアイテムを単色で構成することが多かった印象のシャリーフだが、今回は複数の色を用いた水彩画の様な表情で彩ったピースが登場する。

 絵具が滲むように抽象的なパターンは、激しさを感じさせるレッドとブルーの組み合わせや、それとは対照的に穏やかな印象のマルーンとコーラルを組み合わせなど、個性的なカラーコンビネーションで構築されている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードシャリーフ(SHAREEF)2021年春夏コレクション

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース