次期Windows 10 Enterprise LTSCのサポート期間は5年に

2021年2月22日 17:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 従来Windows 10 LTSCのサポート期間は10年だったが、Microsoftは2021年後半にリリースされる次期Windows 10 Enterprise LTSCのサポート期間を5年に短縮すると発表した。理由は「Office LTSCと同じシナリオとデバイス需要に対応するため」としている(Windows IT Pro Blogマイナビニュース)。10年サポートの内訳はメインストリームサポート5年+延長サポート5年なので、延長サポートがまるまる廃止されると見られる。なおWindows Embeddedの後継製品であるWindows 10 IoT Enterprise LTSCのサポート期間は10年のまま変更されない。

リリース済みのLTSB/LTSCのサポート期間は短縮されないので、次期LTSCのサポートはLTSC 2019より3年も早く終了してしまうことになる。従来延長サポートを提供しないと発表していたため同様のサポート期間の逆転が起きていたケースでは結局なし崩し的に延長サポートの提供が行われてきたが、今度こそMicrosoftは初志貫徹できるだろうか。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | ビジネス | マイクロソフト | Windows

 関連ストーリー:
Windows 10 Insider Preview、初の21H1ビルドが提供開始 2021年02月20日
Microsoft、買い切りタイプのOffice製品「Office 2021」と「Office LTSC」を発表 2021年02月19日
DevチャネルのWindows 10 Insider Preview、Microsoft EdgeがChromiumベースに置き換えられる 2021年02月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10IoT(Internet of Things)

関連記事

広告