日経平均は258円高、米長期金利上昇を警戒も下値の堅い動き

2021年2月22日 13:31

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:31JST 日経平均は258円高、米長期金利上昇を警戒も下値の堅い動き
日経平均は258円高(13時30分現在)。日経平均寄与度では、東エレク<8035>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>などがプラス寄与上位となっており、一方、ダイキン<6367>、テルモ<4543>、オリンパス<7733>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、空運業、海運業、非鉄金属、ゴム製品、金属製品が値上がり率上位、精密機器、その他製品、医薬品、食料品が値下がりしている。

後場に入って日経平均は一時71円高まで伸び悩んだが、その後は底堅く推移している。米長期金利の上昇が警戒され、また、朝方堅調だったダウ平均先物が軟調な動きとなっていることなどが東京市場の重しとなっているようだが、買い意欲は強くいようだ。《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース