前田建 25日線が支持線として機能

2021年2月22日 08:37

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:37JST <1824> 前田建 - -
2月9日に1049円まで急伸した後は950円を挟んだこう着が続いているものの、25日線が支持線として機能している。一目均衡表では雲上限が支持線として機能しており、上値を抑えている基準線を捉えてきている。遅行スパンは実線を上回っての推移が続いており、上方シグナルは継続。950円処では累積の出来高が積み上がっている水準でもあり、この水準を割り込まずにリバウンドとなるようだと、需給状況は悪化しないであろう。《FA》

関連記事

広告