レカム ウイルス除菌装置「ReSPR(レスパー)」の販売が拡大。今後さらなる販売増にも期待

2021年2月18日 12:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:11JST レカム---ウイルス除菌装置「ReSPR(レスパー)」の販売が拡大。今後さらなる販売増にも期待
レカム<3323>は、新型コロナウイルス感染予防対策商品としてのウイルス除菌装置「ReSPR(レスパー)」の販売が拡大基調であり、今後さらなる販売増が見込まれると発表している。

同社によると、レスパーの売上高は2020年5月-9月の5ヵ月間で1.11億円だったが、10-12月の3ヵ月間では2.49億円に増加。販売を牽引しているのは売上高の約70%を占めている国内市場での販売である。

2020年12月、米国ウィスコンシン大学によるレスパーについての実証結果がレポートされ、新型コロナウイルス不活化が確認されたことにより、営業しやすくなっており、販売に拍車がかかってきているようだ。

一方、海外販売の拡大はこれからとしている。すでに海外8カ国(中国、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ミャンマー、シンガポール)で独占販売権を取得しているが、現在の主な販売先は、中国とインドネシアで、それ以外の国はこれからだ。中国では日系企業に加え、ローカル企業への販売体制を構築中である。マレーシア、タイは12月、ベトナムは3月には責任者が再赴任できる見込みから販売体制が整う。マレーシア、インドネシアにおいては、トランスコスモス<9715>とのパートナーシップ契約によるEC販売を3月より開始する。弊社では、レスパーの販売は今後さらなる販売増が期待できる状況にあると見ている。《ST》

関連記事

広告