18日上場のアクシージアは公開価格を41%上回る2051円で初値つく

2021年2月18日 10:26

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■今7月期の業績予想は売上高が20.5%増の51.72億円

 2月18日に新規上場となったアクシージア<4936>(東マ)は回気配で始まり、10時16分に公開価格1450円を41%上回る2051円で初値がついた。あと2166円へと上値を追っている。

 今期・2021年7月期の業績予想(連結、会社発表)は、売上高は前期比20.5%増の51.72億円、営業利益は同19.3%増の12.83億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同23.2%増の8.83億円を計画している。(HC )(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
GMOグローバルサイン・ホールディングスは高値に接近、20年12月期増収増益予想(2020/09/30)
夢真ホールディングスは戻り試す、20年9月期増収増益予想(2020/09/30)
ジーニーは調整一巡、21年3月期黒字化予想(2020/09/29)
【特集】上方修正や好決算の発表銘柄から中国関連と証券株に「まだはもうなり」の可能性(2020/10/19)
【特集】テレワークの恩恵、ハウスビルダー株に注目(2020/10/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告