NY原油:大幅反発、中東情勢の悪化を警戒した買いが入る

2021年2月13日 07:07

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:07JST NY原油:大幅反発、中東情勢の悪化を警戒した買いが入る
NYMEX原油3月限終値:59.47 ↑1.23

12日のNY原油先物3月限は大幅反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は、前営業日比+1.23ドルの59.47ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは57.41ドル−59.82ドル。ロンドン市場で57.41ドルまで下落したが、まもなく反転。ニューヨーク市場の序盤でやや伸び悩む場面があったが、中東情勢の悪化が警戒されたことで59.82ドルまで一段高となった。通常取引終了後の時間外取引では米長期金利の上昇を意識して買いは一服したが、59ドル台半ば近辺で推移した。《MK》

関連記事

広告

財経アクセスランキング