日産 「パスファインダー」「フロンティア」をフルモデルチェンジ 21年夏に北米で発売

2021年2月6日 08:19

小

中

大

印刷

パスファインダー(日産自動車の発表資料より)

パスファインダー(日産自動車の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • パスファインダー(日産自動車の発表資料より)
  • パスファインダー(日産自動車の発表資料より)
  • パスファインダー(日産自動車の発表資料より)
  • パスファインダー(日産自動車の発表資料より)
  • フロンティア(日産自動車の発表資料より)
  • フロンティア(日産自動車の発表資料より)
  • フロンティア(日産自動車の発表資料より)
  • フロンティア(日産自動車の発表資料より)

 日産自動車は4日、大型SUV「パスファインダー」と、ピックアップトラック「フロンティア」をフルモデルチェンジし、2021年夏に北米市場で販売を開始すると発表した。「パスファインダー」と「フロンティア」は日産の事業構造改革である「Nissan NEXT」で予告されていた車種で、北米市場のけん引役ともいわれている。

【こちらも】日産、SUV「キックス」のスポーツグレード「AUTECH」発売へ

■新型9速ATを採用した大型SUV「パスファインダー」

 大型SUVの「パスファインダー」は、7人もしくは8人乗りの3列シートを採用したSUV。全長500.4cm、全幅197.9cm、全高177.8cmと数字だけ見ても大型とわかる。エンジンは3.5リッター直噴V6エンジンを採用し、最大出力284PS、最大トルクは259lb-ftで、新型となる9速オートマチックトランスミッションを採用していることが特徴。

 4WDモデルは、新型インテリジェント4WDを搭載し、ノーマル、スポーツ、エコ、スノー、サンド、マッド/ラット、トーイングの7種類のモードを選択できる、ドライブ&テレインモードセレクターを備えた優れものだ。これによりクラス最高のトーイング性能を誇る1台になっている(Wardsセグメントに基づく)。

 エクステリアは初代「パスファインダー」をオマージュしていることから、C字型のヘッドライトやスリースロットグリルと組み合わされたVモーショングリルを取り入れている。また、リア部分はスクエア形状のデザインを採用し、昔ながらの親しみのあるデザインを表現している。

 インテリアは、今回のターゲットでもある「冒険を楽しむ家族」向けに自由なシートアレンジをしてもらうために、「パスファインダー」として初めて、一部グレードに2列目キャプテンシートを設定。ドライバーをサポートする装備としては、12.3インチのデジタルディスプレイ、10.8インチヘッドアップディスプレイを採用している。

 安全装備として、全グレードに日産セーフティシールド360を標準装備。S、SV、SL、プラチナと4つあるグレードのうち、SV、SL両グレードには「パスファインダー」初となるProPILOT Assistを搭載。最上級グレードのプラチナには、ノートにも採用されている「ProPILOT Assist with Navi-link」を取り入れた。

 なお、「パスファインダー」は2WD、4WDの設定、4つのグレードとさらにはSVプレミアム、SLプレミアムの2種類の特別パッケージが用意されている。

■ユーザーニーズに合わせて進化させた「フロンティア」

 北米市場でミッドサイズにあたるピックアップトラック「フロンティア」は、日産が60年以上もかけて磨きをかけてきたピックアップトラックの経験を活かしたモデルだ。全長は5,339~5,692mm、全幅が1854mm、全高が1,821mm~1839mmとなっている。

 エンジンは3.8リッター直噴V6エンジン、トランスミッションは9割以上の部品が新開発や何かしらの改良を受けたことで、最大出力310PSを生み出す仕組み。オートマチックトランスミッションは9速ではあるが、エンジンと組み合わせることで高効率かつ力強い走行体験を与える。

 また4WDモデルのみ、2WD/4HI/4LOモードを備えた、電子制御のパートタイム式シフトオンザフライ4WDシステムを備えている。

 エクステリアは「ダットサントラック ハードボディ」から着想を得たものとなっており、新型ヘッドライトにはインターロックキングデザインを採用。グリルは堅牢さを表現。カラーリングはボールダークグレーパールを筆頭に全9色がラインアップされている。

 安全装備としては、米国モデル初のオフロードモード付日産インテリジェントアラウンドビューモニターを搭載。4LOを選択して、オフロードを低速で走行する際に車外にある4台のカメラ映像によって、上から車を見たような映像を映し出す。また、日産セーフティシールド360を標準装備し、イージーフィルタイヤアラートを備えたタイヤ空気圧警報システムや、8個のエアバッグも標準装備となっている。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワードSUV日産自動車ピックアップトラック

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース