『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021』85年の映画を3DCGを駆使してリメイク、主題歌に髭男

2021年2月1日 16:08

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021』が公開延期。当初は2021年3月5日(金)に上映予定だった。

■『映画 ドラえもん』1985年の名作が2021年に復活

 2020年に連載開始50周年を迎え『のび太の新恐竜』『STAND BY ME ドラえもん 2』2つの映画作品を公開するなど、記念すべきアニバーサリーイヤーを迎えた、ドラえもん。2021年は、1985 年に公開した『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争』のリメイク作品『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021』としてスクリーンに登場する。

 リメイク作品でありながら、新しい脚本と現在の技術を駆使した3DCG で描かれる宇宙船、更には日本を代表するCG プロダクション「白組」協力の演出など様々な面で進化。大きな宇宙の小さな星を舞台に、ドラえもん達が大冒険を繰り広げる。

なお、監督は『映画ドラえもん のび太の月面探査記』で演出を務めた山口晋。脚本には佐藤大を迎えた。

■主題歌はOfficial髭男dism「Universe」

 また、映画の主題歌となるのはOfficial髭男dismの「Universe」。ドラえもん達の大冒険に寄り添うような、Official髭男dismが本作の為に書き下ろした楽曲が作品の世界を優しく彩る。

 ストーリー

仲間がいれば、強くなれる――。
小さな友だちと、大きな宇宙を守るためドラえもんたちの新たな大冒険が始まる!!

夏休みのある日。のび太が拾った小さなロケットの中から、手のひらサイズの宇宙人・パピがあらわれる!彼は、宇宙のかなたにある小さな星・ピリカ星の大統領で、反乱軍から逃れるために地球にやってきたという。

最初はパピのあまりの小ささに戸惑うドラえもんたちだったが、ひみつ道具‟スモールライト“で自分たちも小さくなって一緒に遊ぶうち、次第に仲良くなっていく。

ところが、パピを追って地球にやってきたクジラ型の宇宙戦艦が、パピをとらえるためにドラえもんやのび太たちを攻撃。みんなを巻き込んでしまったことに責任を感じたパピは、ひとり反乱軍に立ち向かおうとするが......。

大切な友だちと、その故郷を守るため、ドラえもんたちはピリカ星へと出発する!!

【詳細】
『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021』
公開日:公開延期のため未定。
※当初は2021年3月5日(金)公開予定だった。
原作:藤子・F・不二雄
監督:山口晋
脚本:佐藤大
キャスト:水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴 、関智一
主題歌:Official髭男dism「Universe」
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2021

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードドラえもん

関連記事

広告

財経アクセスランキング