国際 RSS

 

ワクチン接種で先行のイスラエル、2回目接種後の陽性率は0.01%との結果

2021年1月28日 09:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

COVID-19ワクチンの国民への接種で先行しているイスラエル。同国のMaccabi Healthcare Servicesが発表した速報によると、ファイザー製のワクチンの2回接種を完了した12万8600人のうち、2回目の接種終了後の1週間以上経過した段階の検査で陽性反応を示したの人は20人だったことがわかった。これは全体の0.01パーセントにすぎないという(CNN日経新聞The Times of Israel)。

陽性とされた人も入院が必要な状況ではなかったとのこと。この数字はファイザーの臨床試験によって予測されていた予防効果の95%をわずかに上回っているとされる。Maccabiの担当者は、この結果はごく初期段階のものにすぎないが、ワクチンの有用性を示す重要なデータと言えると話しているそうだ。 

スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
首相官邸の公式ページに『コロナワクチンの特設サイト』を公開 2021年01月26日
新型コロナのワクチン接種でマイナンバー活用を。菅義偉総理の国会答弁で 2021年01月22日
新型コロナ用ワクチンの性能や仕様を比較する動画。BBC制作 2021年01月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードイスラエル

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース