NY外為:ユーロ買い一服、仏中銀総裁がECBの為替監視姿勢を再表明

2021年1月27日 01:37

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*01:37JST NY外為:ユーロ買い一服、仏中銀総裁がECBの為替監視姿勢を再表明


NY外為市場ではユーロ買いが一段落した。フランス中銀のビルロワ・ドガロー総裁がECBのユーロ高けん制姿勢を繰り返したため。ユーロ・ドルは1.2140ドルから1.2176ドルまで上昇し日中高値を更新後、1.2162ドルまで反落。ユーロ・円は126円16銭の高値から126円08銭まで反落した。ユーロ・ポンドは0.8870ポンドから0.8852ポンドまで下落。

フランス中銀のビルロワ・ドガロー総裁はオンラインで開催されているダボス会議で、ECBの目標はインフレで、達成に向けパンデミック緊急購入プログラムPEPPの柔軟性を含め全手段を用いる準備があると再表明。ECBの目標達成のため、インフレは一時的に2%超えることも可能とした。さらに、インフレ見通しに影響する為替相場を綿密に監視していくと、最新の定例理事会後の会見でラガルドECB総裁が訴えた方針を繰り返した。《KY》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース