ターク 2021年秋冬コレクション - 夢とうつつ──ピアニッシモで囁く“and”

2021年1月25日 08:30

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ターク(TAAKK)の2021年秋冬コレクションが発表された。

■夢とうつつは相交わり──

 夢とうつつ。言葉にするとこれら2語は正反対の意味を持つ、不連続なものかもしれない。しかしいま、ベッドに横たわり、睡魔の手が伸びてくることを想像すると──意識は溶けるように曖昧になりゆき、思考は霞に沈み、そしていつの間にか眠りに落ちる。そこは夢の中。夢とうつつとを分けるものは明晰には経験されず、生々しいほど曖昧に繋がっている。

■溶ける境界

 今季のタークが表現しようとしたのは、夢とうつつとが互いに交錯する不明瞭な世界。夢〈と〉うつつ、のように、明晰な“AND”で区別された二者をモンタージュするのではない。ウールのテーラードジャケットがいつの間にかナイロンのMA-1ブルゾンに変化しているジャケットが示すとおり、なめらかな階調をなすようにして、あるいは靄に沈んで変容するようにして、2つの要素が溶け合っている。

■階調──移行の技法

 不明瞭に境界を霞ませる“and”、ピアニッシモで囁かれる“and”──シャツブルゾンやミリタリーブルゾンもまた、上半分が光沢を返しつつも、下半分は異なる素材感や柄へと、溶けるように変化している。一方で、ブーツカットシルエットのパンツは、深みのあるモスグリーンが霞んでデニム地のインディゴを朧げに晒しだす。

■霞に沈んだ浮遊感

 夢とうつつの交錯のなかでは、重さもその視覚的な把握とは見合わない。ステンカラーコートは、ロング丈でありつつ羽毛のごとく軽い。テーラードジャケットもまた、整ったフォルムでありながらも柔らかであり、タックインで着こなすことにより、素材感のギャップを際立てている。

■花、あるいは色彩の乱舞

 夢かうつつか、不分明な世界で出逢う花──溶けるようにドレープを織りなすシャツやパンツ、あるいはプルオーバーには、花々を朧げな姿でのせている。花のシルエットは霞に沈み、そのかたちは不確かかもしれない。しかし、花の姿と背景とが入り混じる純粋な色彩の乱舞を見てとることも、ここでは許されよう。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード2021年秋冬コレクション

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース