いすゞ、中型トラック「フォワード」改良 交差点警報搭載 安全性能を強化

2021年1月24日 18:04

小

中

大

印刷

いすゞ・新型フォワード(画像: いすゞ自動車発表資料より)

いすゞ・新型フォワード(画像: いすゞ自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 いすゞ自動車は21日、中型トラック「フォワード」の改良を発表し、発売した。今回の改良では、国内の中型トラックとしては初となる交差点警報を搭載。歩行者検知機能も充実させて安全性を高めている。

【こちらも】日本で販売されないISUZUの強面ピックアップD-MAX

  1970年の誕生以来、日本の運送業を象徴する存在として活躍してきたフォワード。クレーンつきトラックや消防車のベース車両としてもおなじみである。これまでリクライニング機能のある運転席や助手席、環境性能を高める機能の充実など、トラックの常識を変えてきた。

 今回の改良では、安全性を充実させている。ポイントは国内の中型トラック初となる交差点警報と、歩行者検知機能だ。

 交差点警報では、フォワードが左右どちらかを曲がる際、横断歩道を渡る人を検知する。通常の歩行者検知機能も備えており、通行人との接触を避けるためにプリクラッシュブレーキが自動で動くしくみだ。横断歩道におけるトラックと通行人の接触事故を避けるうえで、欠かせない機能が揃った。

 安全性能については、先行車発進お知らせ機能や、ふらつき警報なども備わっている。先行者発進お知らせ機能は、信号待ちや渋滞時に前車が発進し、一定の距離が離れたときに警報音およびマルチインフォメーションディスプレイでドライバーに発進を促す。ふらつき警報はフォワードがふらついているときに警報を行い、ドライバーに気づかせる機能だ。

 夜間の視認性向上にも取り組んでおり、LEDヘッドランプとフォグランプを標準装備。トラックの運転は深夜にもおよぶ場合もあるが、フォワードは夜間やトンネルでの視界確保にも十分な機能を備えている。

 目標販売台数は、年間1万6,000台。価格は、1,315万2,700円。

関連キーワードいすゞ自動車

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース