東京為替:1ドル103円50銭台、日経平均下げ縮小、麻生財務相・オリンピック中止報道について

2021年1月22日 12:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:00JST 東京為替:1ドル103円50銭台、日経平均下げ縮小、麻生財務相・オリンピック中止報道について
東京外為市場でドル・円は1ドル=103円50銭台で推移。麻生財務相はオリンピック中止とのイギリス紙の報道について「誰の発言がわからず、いちいちコメントいない」と述べた。_なお、野田五輪担当相は「報道を承知していない」と述べた。_NEW_LINE__
一方、東京株式市場は日経平均が109.87円安と下げ幅を縮小して午前の取引を終了した。オンリンピック中止の報道で景気の先行きに関する悲観的な見方が高まり、売り先行でスタートしたが、オリンピック中止による、景気対策への期待感から下値では買いが入ったもようだ。《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング