パナソニックは続伸一段高、「ワクチン保冷器」引き続き注目され高値を更新

2021年1月22日 09:25

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■日経平均176円安の中で高値に進み地合いの強さ自体も注目される

 パナソニック<6752>(東1)は1月22日、続伸一段高で始まり、取引開始後は 1437.0円(33.0円高)まで上げて2018年以来の高値を連日更新している。

 昨21日に「ワクチン保冷器、春販売へ、ファイザー製対応」(日本経済新聞1月21日付朝刊)と伝えられて話題になり、この日の株価は5%高(66.5円高の1404.0円)。売上高「兆円」銘柄なので業績への寄与は小さいとされながらも、新型コロナワクチンに関連するホットな買い材料として注目された。

 日経平均が176円安で始まった中で逆行高のため、地合いの強さ自体も買い材料になっている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
GMOグローバルサイン・ホールディングスは高値に接近、20年12月期増収増益予想(2020/09/30)
夢真ホールディングスは戻り試す、20年9月期増収増益予想(2020/09/30)
ジーニーは調整一巡、21年3月期黒字化予想(2020/09/29)
【特集】上方修正や好決算の発表銘柄から中国関連と証券株に「まだはもうなり」の可能性(2020/10/19)
【特集】テレワークの恩恵、ハウスビルダー株に注目(2020/10/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース