日経平均テクニカル:反発、コマ出現も転換線は上昇継続示唆

2021年1月21日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:反発、コマ出現も転換線は上昇継続示唆
21日の日経平均は反発した。ローソク足は胴体部分と上下のヒゲが短い「コマ」を形成して足元の売り買い拮抗状態を窺わせた。しかし、ザラ場安値は5日線上方をキープする一方、上向きの25日線との上方乖離率は4.65%と過熱ラインの5%未満で終了。日足の一目均衡表の転換線が連日の上向きで引けたこともあり、上昇相場継続が予想される。《FA》

関連記事