[通貨オプション]OP売り、リスク警戒感後退

2021年1月20日 02:09

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*02:09JST [通貨オプション]OP売り、リスク警戒感後退

ドル・円オプション市場で変動率は低下した。リスク警戒感が後退し、オプション売りが優勢となった。

リスクリバーサルは1年物を除いてドル・円下値をヘッジする目的の円コール買いが後退した。

■変動率
・1カ月物5.99%⇒5.84%(08年10/24=31.044%)
・3カ月物6.29%⇒6.15%(08年10/24=31.044%)
・6カ月物6.57%⇒6.44% (08年10/24=25.50%)
・1年物 6.76%⇒6.72%(08年10/24=20.00%、21.25%=98年10月以来の高水準)

■リスクリバーサル(25デルタ円コール)
・1カ月物+0.56%⇒+0.51%(08年10/27=+10.90%)
・3カ月物+0.91%⇒+0.89%(08年10/27=+10.90%)
・6カ月物+1.18%⇒+1.17%(08年10/27=+10.71%)
・1年物+1.39%⇒+1.39%(08年10/27=+10.71%)《KY》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • マツダ・フレアクロスオーバー「HYBRID XT SPECIAL」(画像: マツダ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース