国際 RSS

 

ビル・ゲイツ氏、全米で最も農地を持っている人物になっていた

2021年1月19日 09:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 Microsoftの創業者で長らく世界一の大富豪だったビル・ゲイツ氏だが、アメリカの土地専門誌The Land Reportが報じたところによると、2020年の農地所有面積ランキングで個人としてはアメリカ最大の所有者となっていたようだ(Gigazineの記事, The Land Reportの記事)。

ビル・ゲイツ氏の農地取引はこれまであまり公表されず注目を浴びていなかったため、このデータは驚きをもって報じられている。ゲイツ氏と妻のメリンダ氏の所有面積は全米各地に計980平方キロメートルほどで、東京23区の1.5倍ほどにもなる。またその他にも移行地を約104平方キロメートル、保養地を約5平方キロメートル保持しているとのこと。

ただしこのランキングは個人所有者のもので、企業も含めるとゲイツ氏は49位となるようだ。どのように活用しているのかが気になるところである。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | ビジネス | マイクロソフト | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
「あなたを採用すべき理由を教えてください」。よくある面接試験の質問にビルゲイツならどう答える? 2020年11月17日
ビル・ゲイツがエプロン姿でケーキを作る動画を公開 2020年09月01日
ウォズ、無断で名前や外見を使用したビットコインプレゼント詐欺動画を放置したとしてYouTubeを訴える 2020年07月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカMicrosoftビル・ゲイツ

関連記事

広告