NY原油:反落、ウイルス変異種の感染拡大を嫌気

2021年1月16日 06:58

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*06:58JST NY原油:反落、ウイルス変異種の感染拡大を嫌気
NYMEX原油2月限終値:52.36 ↓1.21

15日のNY原油先物2月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は、前営業日比-1.21ドルの1バレル=52.36ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは51.83ドル−53.83ドル。欧米における新型コロナウイルス変異種の感染拡大を嫌気した売りが活発となった。ユーロ安米ドル高が進行したことも嫌気されたようだ。《MK》

関連記事

広告

財経アクセスランキング