マネックスグループが一段高、ビットコイン初の4万ドル乗せなど材料視

2021年1月8日 11:12

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■証券会社に加え仮想通貨のコインチェックも運営、株高も寄与

 マネックスグループ<8698>(東1)は1月8日、一段高となり、一時10%高の484円(44円高)まで上げて2018年以来の高値に進み、11時にかけても470円前後で強い推移となっている。

 マネックス証券を中軸に、暗号資産(仮想通貨)取引所の運営ならびに新金融サービスの研究開発を行うコインチェック株式会社も運営。株式市場の高値更新に加え、代表的な仮想通貨ビットコインが初の4万ドル台に乗り最高値を更新と伝えられ、材料視されている。

 ビットコイン相場は、「日本時間の8日未明には4万ドル台に到達。2020年12月中旬に初めて1ビットコイン=2万ドル台に乗せてから上昇に弾みがつき1カ月足らずで2倍になった」(1月8日午前8時台の日経QUICKニュースより)という。報道によると、インフレ対策・ヘッジを目的に買われやすくなっているとのことだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ロードスターは年初来高値に肉薄、海外不動産ファンド進出報道でバリュー株買いが再燃(2020/10/14)
【編集長の視点】AMBITIONは増益転換業績の確認を1Q決算開示時に期待して続伸(2020/10/21)
【注目銘柄】トーメンデバイスは決算発表を先取りし割安ハイテク株買いが再燃し急反発(2020/10/07)
【編集長の視点】綿半HDは分割落ち後安値も2Q決算発表を先取り巣ごもり関連株買いの好機(2020/10/13)
【注目銘柄】日電子材料は2Q決算発表を前に割安ハイテク株買いが再燃し反発(2020/10/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング