東京為替:1ドル103円近辺、金利上昇でドルが高い

2021年1月7日 09:20

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:20JST 東京為替:1ドル103円近辺、金利上昇でドルが高い
午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=103円近辺で推移。米国で民主党が上院を実質的に支配するトリプルブルーとなる可能性が高まり、米金利が上昇したことを受けて、円や円債が売られドルが上昇している。

一方、東京株式市場は日経平均が365.54円高と寄り付きより上げ幅を拡大している。米国のジョージア州の上院選で、民主党候補が2名とも当選確実と報じられたことで、トリプルブルーへの期待感から買いを集めているようだ。《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング