【株式市場】TOPIXが反発し日経平均は4日続落だが「緊急事態宣言」の影響についてはだいぶ織り込まれたとの見方

2021年1月6日 15:59

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均は2万7055円94銭(102円69銭安)、TOPIXは堅調で1796.18ポイント(4.96ポイント高)、出来高概算(東証1部)は11億7958万株

 1月6日(水)後場の東京株式市場は、米国の夜間取引で長期金利が上昇と伝えられ、三井住友FG<8316>(東1)などが次第高となり、円相場の軟化予想などからホンダ<7267>(東1)なども次第高となった。ただ、日経平均は先物が重いとされ、13時には前場安値を割り156円45銭安(2万7002円18銭)まで下落。大引けにかけては持ち直したが4日続落。一方、TOPIXは堅調で反発。

 後場は三越伊勢丹HD<3099>(東1)や日本航空<9201>(東1)が前場の高値を上回り、1都3県への「緊急事態宣言」の影響についてはだいぶ織り込まれたとの見方。成人式の相次ぐ中止が伝えられたが京都きもの友禅<7615>(東1)は出尽し感とされて次第高。ブランディングテクノロジー<7067>(東マ)はWeb活用集客ソリューションなどが注目され出直り拡大。フォーサイド<2330>(JQS)は12月決算が順調との推測などあり前場ストップ高に達したまま買い気配。

 東証1部の出来高概算は11億7958万株(前引けは5億5015万株)、売買代金は2兆2997億円(同1兆1003億円)。1部上場2186銘柄のうち、値上がり銘柄数は1428(前引けは1480)銘柄、値下がり銘柄数は686(同599)銘柄。

 また、東証33業種別指数は25業種(前引けは28業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、鉱業、海運、石油/石炭、保険、銀行、鉄鋼、パルプ/紙、証券/商品先物、不動産、電力/ガス、その他金融、などだった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告