世界最強クロカン4駆「ランクル」が14年ぶりフルチェンジ? 北米撤退もあり?

2021年1月5日 09:20

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

トヨタ最上級のクロカン4駆・200系ランクルが、2021年に新型300系にスイッチするとか。現行型は、全長4950mm×全幅1980mm×全高1870mm、ホイールベース2850mm。ランドクルーザーが活躍する世界を考えると、新型ランクル300系も現状のサイズは維持されるだろう

トヨタ最上級のクロカン4駆・200系ランクルが、2021年に新型300系にスイッチするとか。現行型は、全長4950mm×全幅1980mm×全高1870mm、ホイールベース2850mm。ランドクルーザーが活躍する世界を考えると、新型ランクル300系も現状のサイズは維持されるだろう[写真拡大]

写真の拡大

 2020年末からトヨタの最上級SUV「ランドクルーザー 200系」の噂で内外の自動車専門サイトが賑わっている。

 世界的にSUVラインアップを見ても“クロスカントリー・レイド”、つまりオフロード走行にも対応した本格的な四輪駆動乗用車、クロスカントリー車はそれほど多くない。その1台で代表がトヨタ・ランドクルーザーだ。このクルマは1951年8月1日トヨタジープBJ型の発売から数えると70年近く前から存在し、トヨタの中で最も長寿命なモデルだ。

 ランドクルーザーはグローバルでトヨタ車の信頼性を高めることに大きく貢献し、トヨタの輸出拡大の足掛かりとなったモデルだ。またその信頼性、耐久性の高さから製造から50年以上経ったランドクルーザー40系が、未だに現役で活躍している地域もある。

 ランドクルーザーの歴史はトヨタQDR(Quality、Durability、Reliability)の象徴であると同時に「世の中と人のため」というトヨタのクルマづくりの原点でもある。仕事、生活を営むための相棒として、「人の命や物を運び、移動の夢を叶え」「行きたいときに、行きたいところに行って、必ず帰って来られる」クルマ、それがランドクルーザーだ。

 ランドクルーザーは、1951年のトヨタBJ型ジープ発売以降、2019年までのグローバル累計販売台数は1001.5万台となり1,000万台を超えている。

 ところで今回の米国発の噂によると、多くのメディアが、トヨタ200系ランドクルーザーを2022年以降、米国内で販売終えるとしている。どうやら現行ランクル200系は、2021年モデルを最後に米国から姿を消すことになるというのだ。ただ、米国以外の地域では販売が継続され、これも噂の域を出ないが、後継モデルは現行より高級志向のSUVになるという情報もある。日本のトヨタ本社は次期ランドクルーザーの登場についての正式なコメントは無い。

 北米における販売終了の理由として考えられるのは、販売台数の減少だ。2019年、米国で3536台を売り上げ、前年比9.7%の増加だが、年間約240万台を販売しているトヨタにとっては、きわめてレアなモデルだ。とはいえ、ライフサイクルの長さと、エンジンやフレームを人気ピックアップトラック「タンドラ」と共有しており、利益が出ていないクルマではなさそうだ。

 もうひとつの原因は、米国内で進むとみられている乗用車の電動化だろう。中南米や中近東の砂漠、アフリカの大地でおもに活躍するランドローバーは、前述のように「人の命や物を運び、移動の夢を叶え」「行きたいときに、行きたいところに行って、必ず帰って来られる」クルマでなくては存在意義がない。電気の無い砂漠やアフリカの大地は、ピュアEVは存在出来る可能性は低い。ランクル200系が目指す場所と米国市場が、乖離してきたとも云えるなかで流れた噂なのだ。

 ただ日本国内にも、そのクロカン四駆の代表が2021年秋にもモデルチェンジして「300系」に生まれ変わるという信頼すべき噂もある。

 14年ぶりに登場する新型300系ランクルは、伝統のラダーフレームを継承しながら、TNGAによる開発技術で、ランクルらしいオフロード走破性を高めながらモダナイズするという。

 パワーユニットは大きく刷新する。これまでの4.6リッターV型8気筒から、3.5リッターV型6気筒ガソリンターボとそのハイブリッド仕様になる。注目のハイブリッド車は、トヨタが主流とするTHSⅡではなく、1モーターとなるらしい。

 米国で販売中止の噂は、このハイブリッド車の投入が、2年ほど遅れるということが原因かもしれない。北米販売中止の報は、米国内トヨタ系販売店のリークと思われるが、レクサスLXには言及しておらず、その辺りも含めて情報を随時とどけるつもりだ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタ、移動の自由を拡張し、環境に優しい2人乗りの超小型EV「C+pod」発売
トヨタがオンラインで、実用化に向け進化した電動自動運転車「e-Palette」公開
トヨタ、燃料電池車「MIRAI」フルモデルチェンジ、第2世代に進化した新型発売

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードレクサス(LEXUS)ハイブリッド車ランドクルーザーピックアップトラックジープランドローバーTNGA

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース