Jタワーは「デジタル変革」に乗るテーマ株とされ上場来の高値を更新

2020年12月30日 10:17

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ローカル5Gの実証などに取り組み新年も人気継続の期待

 JTOWER(Jタワー)<4485>(東マ)は12月30日、一段高で始まり、取引開始後は一時1万1200円(380円高)まで上げ、2日ぶりに上場来の高値を更新した。

 「5G」関連設備構築などで政府の「デジタル変革時代の電波政策」に乗る銘柄。12月25日には、総務省関東総合通信局よりSub6帯域を活用したローカル5G・SAシステムの実験試験局免許を取得し、ローカル5Gの実証を開始したと発表。株式市場の物色テーマ株として新年も人気が継続するとみられている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事