AIカメラで店舗や施設の混雑状況をリアルタイム配信 TOAが提供

2020年12月27日 18:14

印刷

プライバシーを保護しながら、混雑状況が一目で確認できる(画像: TOAの発表資料より)

プライバシーを保護しながら、混雑状況が一目で確認できる(画像: TOAの発表資料より)[写真拡大]

 TOA(兵庫県神戸市)は25日、AI搭載カメラを活用した「混雑状況配信ソリューション」の提供を開始した。利用者に現地の画像を見せることで、店舗や施設の混雑状況をリアルタイムに把握できるようにする。新型コロナウイルスの感染防止対策への活用を想定している。

【こちらも】日本エンタープライズの子会社、業界初!AI画像解析により立体駐車場の出庫を最適化

 ネットワークカメラに搭載したAIが、撮影した映像から滞在している人数や位置を認識する。プライバシーを保護するために、人は人型のアイコンに変換して表示。混雑状況は言葉や数字で示しても伝わりづらいことから、実際の混雑状況を目で見て確認できるようにした。

 導入を見込んでいるのは、施設運営者や店舗オーナーなど。施設利用者のプライバシーを守りながら、ホームページなどでリアルタイムの混雑情報を表示できるようにする。

 館内放送設備との連動システムを構築することも可能だ。混雑レベルや人の通過に応じて、流すアナウンスを自動で切り替え、空いているエリアへの誘導を行ったり、スタッフの呼び出しなどを行う。

 コロナ禍で、感染リスクが伴う外出の自粛が求められている。飲食店や小売店は、検温や消毒など対策を行っているが、遠方に住んでいる人は現地の様子がよく分からず、利用を控えがちだ。目で見えるようにすることで、安心して来場できるようにする。

 TOAはもともとネットワークカメラを提供しており、拡張機能として高性能な「人数カウント機能」を持っていた。従来のカメラ内蔵型人数カウントは動き情報を利用するため、「止まった人」の検知が難しかったが、ディープラーニングを活用することで、カメラが撮影した画像から人を認識できるようにした。

 これらの機能が使えるのは、同社のネットワークカメラシステムを利用している法人だ。1つのカメラシステムで、防犯と感染症対策を兼用する。専用サーバーも不要で、初期費用や維持費を安価に抑えることができる。(記事:土佐洋甘・記事一覧を見る

関連キーワード人工知能(AI)ディープラーニング(深層学習)新型コロナウイルス

関連記事