ライフ RSS

 

COVID-19封じ込めに成功していたタイ、1日に500人以上の新規陽性者

2020年12月20日 17:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

厳しい感染防止策によりCOVID-19封じ込めに成功していたタイで19日、一挙に500人以上の新規陽性者が確認されたそうだ(Bangkok Postの記事バンコク週報の記事)。

多数の新規陽性者が確認されたのは、バンコクに隣接するサムットサコン県ムアン郡の中央エビ市場を中心とした地域。同県では過去250日にわたり新規陽性者が出ていなかったが、今週に入ってエビ卸売業の女性の感染が判明し、19日朝の段階で女性と接触歴のある家族や労働者8人の陽性が確認される。その後、1,192人を検査した結果、516人が陽性だったという。90%は症状が出ていないとのこと。

首都バンコクの水産加工ハブとして機能するサムットサコン県ではミャンマーからの出稼ぎ労働者が多く働いている。最初に感染した女性は海外渡航歴がなく、ミャンマーでは感染が拡大していることから、ミャンマー人労働者から感染が広がったとの見方が出ているようだ。同県では陽性者急増を受けて中央エビ市場や従業員宿舎エリアを封鎖。22時~5時の外出禁止を含むロックダウンを1月3日まで実施し、県外への移動も禁じている。

タイではCOVID-19パンデミック当初から必要に応じて店舗営業禁止や夜間外出禁止などを含むロックダウンを実施し、厳しい渡航制限や入国者全員に指定ホテルでの隔離14日間を義務付けるなどしている。その結果、世界保健機関(WHO)のリポートが週単位になった8月中旬以降、11月までは1週間の新規陽性者数が十数人~数十人、12月には増加したものの週100人を超える程度であり、累計陽性者数は4千人台。COVID-19対策に成功した例の一つとみなされている。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
イングランドの新ロックダウンルール、「ちゃんとした食事」とは何かで論争 2020年12月03日
Collins Dictionaryが選ぶ2020年を代表する言葉は「lockdown」 2020年11月13日
100%のマスク着用とロックダウンの組み合わせで感染第2波を防止できるという研究結果 2020年06月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードタイ(国)ミャンマー

関連記事

広告