ニューバランス「M1300」の日本製スニーカー、ベージュ×最高級レザーでフルハンドメイド

2020年12月15日 09:05

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ニューバランス(New Balance)のアイコンスニーカー「M1300」から、日本製のユニセックススニーカー「M1300JPV」が登場。2020年12月19日(土)より、ティーハウス ニューバランス(T-HOUSE New Balance)や、ドーバーストリートマーケット ギンザ、ディストリクトユナイテッドアローズなどで発売する。

■「M1300」の日本製スニーカー第2弾

 クッション性の高い快適な履き心地とボリュームのあるフォルムが人気で、世界中にファンを持つニューバランスのアイコンスニーカー「M1300」。そんな「M1300」のオリジナルモデル発売35周年を記念して、2020年7月に発売された「M1300JPJ」に続き、メイドインジャパンスニーカー第2弾「M1300JPV」が登場する。

■アッパーにベージュカラーを初採用

 「M1300」は、1985年のオリジナル発売以来、メイドインUSAかつヌバックとメッシュのアッパー、オリジナルカラーのスチールブルーで復刻されてきたが、今回はオリジナルのデザインディテールはそのままに、オリジナルカラー以外では初となる"ベージュ(タン)カラー"をアッパーに採用した。

■最高級タンナー「栃木レザー」のヌメ革

 また、素材は最高級のタンナー「栃木レザー」のベジタブルタンニングレザー(ヌメ革)を使用。ドレスシューズに比べてパーツが多いスニーカーでは、ヌメ革は硬すぎる為に製靴が難しいと言われているが、今回は「栃木レザー」のクラフトマンシップによってアッパーへの起用が叶った。

■日本の職人がフルハンドメイドで縫製

 製造は、第1弾に引き続き、ニューバランスとグローバル・パートナーシップを結んでいる日本の工房「ミムラボ(M.lab)」で行った。普段はアスリートに向けたパフォーマンス・ランニングシューズを製造している職人たちが、フルハンドメイドで丁寧に縫製。メイドインUSAでは、機械を用いて吊り込みするところを、手作業で行うことで、「M1300」伝統のシルエットである「SL-2」ラストの形状により沿った、足にフィットするシューズを作り上げた。

■詳細

 ニューバランス「M1300JPV」
発売日:2020年12月19日(土)
取扱店舗:ティーハウス ニューバランスドーバーストリートマーケット ギンザディストリクトユナイテッドアローズミタスニーカーズ、PHAETON(石川県加賀市伊切町い239)、DICE & DICE、ニューバランス公式オンラインストア、DSMG E-SHOP、ディストリクトユナイテッドアローズ オンラインストア、ユナイテッドアローズ&サンズ オンラインストア、BEAMS 公式オンラインショップ
価格:70,000円+税
サイズ:24.0~29.0、30.0㎝

【問い合わせ先】
ニューバランス ジャパンお客様相談室
TEL:0120-85-0997

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードスニーカーユナイテッドアローズ

関連記事

広告