ノジマ、転売対策のため「PS5」抽選販売の応募12万件を目視確認

2020年12月11日 09:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 12万件のデータから目視でいったい何をどう確認したのだろうか?
なお広辞苑の総項目数は25万項目なのでおよそ半分ぐらいの件数である。

  情報元へのリンク

 家電量販のノジマが人気となっているPlayStation 5の抽選販売を行ったが、その抽選結果は予定の7日よりも遅れ、8日午後3時に発表された。同社は発表が遅れた理由として、転売対策のために約12万件の応募を全て目でチェックしたことを挙げている(ITmedia)。同社は公式Twitter上で以下のような内容を話している。

 【PS5の抽選販売 当選発表についてのお詫び】本日、12/7(月)を目途に当選連絡を行うと発表しておりましたが、抽選・精査に想定以上の時間を要しており、明日12/8(火)に延期となりました。
楽しみにお待ちいただいておりました方々、大変申し訳ございません。続く

方法等の具体的詳細を申し上げることができませんが、現在該当部署が、応募総数約12万件に対し、1件ずつ目視での最終確認を行い、転売目的での購入希望者でないかどうかの精査を行っておりますので、ご理解いただければと存じます。
この度はご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。

 とのこと。同社は転売対策に力を入れている理由として、本当に必要とされている方々に喜んでいただく為だとしている。なお抽選の方法については公開しないそうです。

 スラドのコメントを読む | ニュース | ゲーム

 関連ストーリー:
相次ぐPS5などの転売。ヤフオク!は警告を出し、メルカリは転売を制限しない方針 2020年11月16日
ファーウェイ、米制裁に耐えかねて低価格スマホブランド等を売却か 2020年10月16日
「アマゾン転売屋ブラックリスト」ツールがTwitterでトレンド入り 2020年09月25日
HDD処理業者社員による神奈川県庁の使用済みHDD横流し事件、懲役2年・執行猶予5年の判決 2020年06月10日
新型コロナに関するデマで店頭から一時的にトイレットペーパーが消える 2020年03月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードプレイステーション(PlayStation)ノジマ

関連記事

広告