IKEA、70年にわたり発行してきた紙のカタログ廃止へ

2020年12月9日 17:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 IKEAは7日、70年にわたって発行してきた紙のカタログ廃止を発表した(ニュースリリースThe Vergeの記事SlashGearの記事)。

IKEAが最初のカタログを発行したのは1951年。68ページでスウェーデン語のカタログは、スウェーデン南部で285,000部が配布されたという。発行のピークとなった2016年には50以上の市場で32言語・69バージョンのカタログが計2億部配布されたそうだ。しかし、近年はメディアの消費や顧客行動が変化し、カタログの発行部数や注目度は低下していった。

IKEAでは2000年に印刷版と並行してデジタル版カタログの提供を開始しており、2001年には電子商取引サービスをスウェーデンとデンマークで開始するなど、デジタル化にも投資してきた。昨年はIKEAオンラインストアでの売り上げが全世界で45%増加したとのこと。70年にわたりIKEAの最もユニークで特徴的な製品であったカタログを記念して、2021年秋季に書籍を発行する計画とのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | 書籍 | IT | Digital

 関連ストーリー:
政府、ハンコに続いて収入印紙の使われ方を見直しへ。各種税をスマホ納入可能に 2020年11月09日
LEGO、製品パッケージのプラスチック袋を紙袋に置き換える計画 2020年09月22日
ニューヨークタイムズが掲載開始から81年でテレビ欄を廃止へ。時代にそぐわなくなる 2020年09月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスウェーデンイケア(IKEA)

関連記事

広告