YouTube、他の人に不快感与える可能性あるコメント 投稿前に指摘の新機能

2020年12月7日 17:00

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 YouTubeは3日、コメントの内容が他の人に不快感を与える可能性があることを投稿前に指摘する新機能を発表した(YouTube Official Blogの記事YouTubeヘルプAndroid Policeの記事The Vergeの記事)。

新機能はコメントの内容に問題がある可能性を検出すると確認のダイアログボックスを表示する。このダイアログボックスが表示されてもコミュニティガイドライン違反が確定したわけではないので、ユーザーはそのまま投稿するか編集し直すかを選択できる。逆にダイアログボックスが表示されなくても問題がないとは限らず、表示の有無にかかわらずガイドライン違反が確認されればコメントは削除されることになる。ダイアログボックスには内容が適切かどうかを確認するためのコミュニティガイドラインへのリンクや、誤検出を指摘するためのリンクも表示される。

また、クリエイター向けには来年から自身の性別や性指向、人種、民族を指定するオプションを用意する。YouTubeはこのデータを利用してクリエイターがコンテンツをよりよく収益化できるよう手助けするほか、特定のコミュニティが強く影響を受けるヘイトや嫌がらせ、差別などのパターンを調べていくとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | YouTube | IT | SNS

 関連ストーリー:
英王立学会、温室効果ガス排出量削減のため必要以上の高解像度でストリーミング視聴しないことを推奨 2020年12月05日
なぜかYouTube上で日本の古い楽曲が人気になることがある。アルゴリズムの謎 2020年12月02日
有名YouTuberの実家と勘違いし、無関係家族に殺害予告などを送付 2020年11月20日
子供向けミュージックビデオ「Baby Shark」がYouTube視聴回数歴代1位に 2020年11月05日
YouTube、ベータ機能のテストを有料ユーザー限定のサービスに 2020年10月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroidYouTube

関連記事