東京ドーム 急落、オアシス幹部のTOB歓迎姿勢を受け価格引き上げ思惑後退

2020年12月3日 13:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:11JST 東京ドーム---急落、オアシス幹部のTOB歓迎姿勢を受け価格引き上げ思惑後退
東京ドーム<9681>は急落。三井不動産<8801>が実施しているTOBに対して、大株主である香港ファンドのオアシス・マネジメント最高投資責任者が、「歓迎すべきだ」との考えを明らかにしたと伝わっている。現在、三井不動産が1株1300円でTOBを実施中であるが、オアシスが10%弱を保有する大株主となっていることから、今後のTOB価格引き上げ思惑なども強まり、足元でTOB価格を上回る株価推移となっていた、こうした思惑などが後退する状況となっている。《HH》

関連記事